スタンダードな鉄のネジ

ネジは、ものづくりに欠かせない部品の一つですよね。そのネジについて詳しく知っておくことは、DIYを手がける上でも大切なことです。特に材質によって、どのようなネジを選ぶかが変わってきます。スタンダードな材質で多く見かけるのが、鉄素材のネジであり、鉄は安価で丈夫な金属として、幅広い産業分野で利用されています。ただし、鉄は錆びやすいという性質を持っていますから、仕様箇所によっては利用を避ける事も大切です。

丈夫で長持ちなステンレスのネジ

鉄は、錆びやすいという点で使う場所が限られてしまいます。そうした鉄のネジがDIYなどで使えない場合には、ステンレスのネジを選ぶことが適切でしょう。ステンレスは、錆びにくい金属であるため、水周りなどに用いるネジとして利用する機会が多いです。一方で、金属としての強度が高いだけに加工がしにくく、スチールのネジに比較するとコストが高くなるという側面は確かにあります。要所を押さえて使い分けるということが効果的です。

アルミニウム製の軽量なネジ

身の回りで多く利用されている金属の種類としては、アルミニウムも見逃せません。アルミもまた、ステンレスと同じく錆びにくい金属として、メリットが大きいです。また、加工しやすく軽量という特徴を持っているため、鉄やステンレス以外の場所に幅広く使えるのが便利です。しかし、ステンレスは鉄やステンレスに比較して強度が弱い点は把握しておくことが大切です。そのため、強い力が掛かる場所などでは、使用を控えたほうがいいでしょう。

ねじの販売は、一つ一つのねじを販売する利益は小さいものです。しかし、ねじを必要とする業者とは、主に製造業のメーカになりますので、一度の発注で多くのねじを販売する事が出来ます。そのため、取引先が多ければそれだけ多くの利益を得る事が出来るビジネスです。現在ではねじを販売している業者が減少している傾向にあります。