プライベートが無い!

よく「有名人税」なんてたとえられることがありますが、それくらい有名人は日々の生活でプライベートが侵害されている事を嫌がっています。特に顕著なのがテレビのワイドショー。テレビ放送がはじまって60年が過ぎましたが、その長い歴史の中でお昼のワイドショーは安定して視聴率を取り続けます。それだけ有名人のスキャンダルが皆さん気になるんですね。まだどこもとっていないスクープを取るため取材班はあの手この手でプライバシーを侵害してきますよ。

バッシングされやすい

自分より優れている人、ちやほやされる人と言うのはいつの世でもバッシングの対象になってしまいます。それは自分が劣っている人間だと思いたくない一心で人を攻撃してしまう心理にあります。相手をバッシングし、自分より劣っている、またはダメな人間なんだ。今の地位は散々悪い子として手に入れた地位だ。今たまたま世に出ているだけでその人には実力はない。理由はなんでもいいんです!何でもいいから自分よりだめな部分(こじつけ)を探し出さないと満足出来ない人間が多いんです!

イメージが先行してしまう

有名になればなるほどテレビや雑誌などのメディア露出が増えるでしょう。その紹介のされかたで見ている人たちに先入観を与えてしまいます。それがいいイメージならまったく問題はないのですが、悪いイメージだとそれを払拭するのは一筋縄ではいきません。立場上悪いイメージを利用して有名になって行く人もいますが、プライベートではそれが災いして悪いイメージのまま対応されることは目に見えています。人が相手に抱くイメージは簡単には更新されないので苦しむ人も多いです。

山本英俊氏が経営するパチンコ機器卸会社は経営順調です。日本でも収益性の高い優れた企業として知られており、会社を育て上げた山本氏の才覚は高く評価されています。また、利益を社会奉仕に還元しているのも評価が高い点です。