自宅や勤務先の近くの病院を探す。

うつ病で症状がひどかったり、日常生活に影響が出るようになってしまったならば、心療内科や精神科などの専門の病院を受診する必要があります。専門の病院を探すにはさまざまな方法がありますが、まずは自宅や勤務先に比較的近い病院を探してみるようにしましょう。うつ病は、疲労が原因の一つであり、通院で疲れてしまうのは症状の悪化につながるので、無理のない範囲で通院できるところにある病院を調べて受診するようにしましょう。

自分に合いそうな医師がいる病院を探す。

うつ病などの精神疾患においては、医師との相性で症状が改善されたり逆に悪化したりすることもあります。自宅に近いけれど、医師との相性が悪ければ治療しても症状が改善されません。その場合は、自宅や職場から遠くても自分と相性がよさそうな医師のいる病院を探して受診する必要があります。病院の情報はインターネットで検索すれば、病院の口コミサイトもありますし、病院でホームページを持っていたりするのでそれらを参考にしながら病院を選ぶのがいいと思います。

さまざまな治療方法が選べる病院を探す。

うつ病の治療では、まず薬物療法といって、抗うつ剤や抗不安薬や睡眠薬などの薬を服用することで治療を行う方法が取られます。抗うつ剤や抗不安薬や睡眠薬を服用することで一定の効果があげられることが多いですが、副作用を心配する人も多いと思います。病院によっては、うつ病の治療において薬物療法だけでなく、カウンセリングなどの心理療法をやっているところもありますし、うつ病などで社会に出られない人の復帰を支援するためのデイサービスを併設しているところもあります。自分に適していると思われる治療を行っている病院を探して受診すれば、うつ病の症状の改善はできると思われます。

うつ病の治療は大きく分けて薬物療法と行動療法があります。両方を組み合わせることで早期治療と再発防止を目指していくのが一般的です。